spacer
UMEX
うおぬま国際交流協会
Top
About UMEX
Join UMEX
News
Events
Multicultural Exchange
BBS
Activity Reports
Links
Contact Us
English Site
spacer Uonuma Association for Multicultural Exchange

| ジャワ地震被災者支援 | つなみ被災者支援 | トヨタ・プロジェクト | 夢っくすサロン |
| 国際大学の国際交流情報 | 国際交流 | 出入国・在留手続の基礎 |

ジャワ中部地震被災地支援プロジェクト

夢っくすは、国際大学のインドネシア留学生と共に、2006年5月27日に発生したジャワ中部地震の被災地の子どもたち支援プロジェクトに取り組んできました。皆さまからお寄せいただいた義援金、総額317,441円(第1期267,000円・第2期50,441円)は、全額、国際大学の留学生を通じて現地に届け、ジョグジャカルタにあるガジャマダ大学の学生たちと夢っくすの共同事業として、子どもたちへの文房具、奨学金として使い、残った義援金で現地の小学校の中に夢っくす文庫を作りました。このページでは、義援金を現地に届けたガジャマダ大学のデリファさんからのリポートを中心にご紹介しています。皆さまのご協力に心よりお礼申し上げます。

New  デリファさんからの現地リポート2 2006年12月

Dear UMEX members: 夢っくすの皆さんへ

How are you? Today I wanna say thank you for the rest of donation transfer to my bank account last month. The total of money from the transfer is about Rp 3.900.000.
お元気ですか?先月、ジャワ地震の追加義援金約390万ルピアを受領いたしました。ありがとうございました。

Then I with my friends, Ratna from pharmacy faculty and Peppy from Geography faculty cooperate together to create small library in one elementary school in prambanan-Jogja. We buy strory books, science books and a rack. Then on last Saturday (December 9th, 2006) We distribute the books and a rack to Bokoharjo Elementary School.
私は同じ大学の2人の友人と一緒に、絵本や科学の本と書棚を買い、12月9日にプランバナンにあるボコハルジョ小学校に届けました。

The interesting thing is we also give stamp to every book titled UGM & UMEX. Therefore I and my friends can make sure that the books are maintain well. The headmaster said thank you very much for the donation especially for UMEX which organize the fund raising. She said that they will be waiting for your visit to watch the real condition of the school after disaster. Here I also give you the documentation of books distribution. So you also can give report to UMEX member about the distribution of rest donation.
私は、購入したすべての本に「UGM&UMEX」のスタンプを押しました。これで購入した本は大切に使われると思います。校長先生は、義援金を集めてくださった夢っくすにお礼と、それから、皆さんがいつか学校を訪れ、震災後の状況を見てくださることをお待ちしていますと言っていました。

Just remind you that one student from MM-UGM will come to IUJ on the end of December 2006, her name is Riana. Maybe you can get more information about Jogja from her. Even though she did not joint in the donation distribution project, but I believe she know much about recovery process in Jogja.
12月の終わりに、ガジャマダ大学の学生が1人、国際大学へ行きます。彼女の名前はリアナといいます。たぶん、皆さんは、彼女からもっと詳しいジョグジャカルタの情報を聞くことができると思います。彼女は、義援金の活動に加わっていませんが、ジョグジャカルタの復興状況については、十分に説明できると思います。

Hope we can keep in touch and one day we can meet in Indonesia especially in Jogja. I inform you that I plan to graduate from UGM in March 2007. Maybe I will move to Jakarta (Capital City) to find a good job. If you need more information, just ask me and send me e-mail, I will try best to give information that you need.
これからも連絡を取り合いましょう。いつかジョグジャカルタで再会できますように。私は、来年3月にガジャマダ大学を卒業する予定です。卒業後は、たぶん、首都のジャカルタで仕事を見つけることになると思います。もし、もっと情報が必要でしたら、Eメールでお知らせください。私は、皆さんの必要な情報をお送りできるようベストを尽くします。

Best regard, では。

Deli デリ




デリファさんからの現地リポート1 2006年8月

Dear UMEX members: 夢っくすの皆さん:

Konnichiwa..I hope you are in good condition. First I want to say very sorry because I am very late to give you the report. Today I am very happy because I can bring good news about donation report. 2 days ago (August 10th 2006), some MM-UGM student who were joint in the donation distribution committee already distribute the donation to the victims in Bantul-Jogjakarta.
こんにちは。皆さんお元気でお過ごしのことと思います。最初に、レポートが遅くなったことお詫びします。今日、私は、8月10日にガジャマダ大学義援金分配委員会の学生たちが、バントゥル-ジョグジャカルタの被災者に義援金をお届けした報告ができることをとても嬉しく思います。

Follows is complete donation report: Reacting to the earth quake disaster in Jogjakarta-Indonesia last May 27th 2006, UMEX immediately raised donations for the victims. I as representative of Indonesian student especially as Exchange Student from UGM (Gadjah Mada University) Jogjakarta in IUJ for Spring term and on behalf of UMEX members have responsibility to brought back that donation to Indonesia and distribute to the affected area in Bantul-Jogjakarta in August 2006.
下記のとおり、義援金のご報告いたします。2006年5月27日、中部ジャワ地震の発生直後から、夢っくすは、募金活動を開始しました。私はインドネシア学生としてのみならず、被災地にあるガジャマダ大学の交換留学生代表として、そして夢っくすの代理として、インドネシアに義援金を持ち帰り、8月にバントゥル-ジョグジャカルタ被災地に寄付を届けました。

In first planning, I will distribute all donations as a package of bag and stationary to elementary students in affected area. But considering the real condition there that some donators already give the same package to elementary school students, therefore we only make 1000 packages of stationary and bag with UMEX logo on the surface. The funds are also allocated to buy toys and create small library for the schools by donating education books and story books. We also allocated the rest of donation for scholarship to 80 orphan student and who have special achievement in the school. However due to limitation of money, each student only got 625 Yen which normally used for tuition fee. Here I was helped by some MM-UGM students and local social organization to get the name of school which have not yet received donation from other donators and to deliver the donation surely to the victims that really need it.
最初の計画では、私はすべての寄付金を、被災地域の小学生たちに文房具一式をバックに詰めて配布しようと考えていました。しかし、現地に帰ってみると他の支援団体がすでに同様のセットを小学生たちに配っていることが分かりましたので、私たちは夢っくすのロゴ入りバックは1000個セットだけ用意することにしました。そして、残った義援金は、おもちゃの購入と、教材や絵本を収蔵する小さな図書館を開設するために使うことにしました。さらに、残った義援金は、80人の孤児たちに奨学金として差し上げることにしました。一人当たりの奨学金は625円で、基本的に授業料に充当されることになっています。まだ他の団体から義援金を受け取っていない学校のリストは、ガジャマダ大学の学生たちと地元組織の協力を得て入手し、義援金を本当に必要としている人たちに確実に届けるようにしました。

We hope that the victims will not soon forget the supporter who helped them. Therefore we create small library to make UGM student as UMEX representative can built strong relationship with them and in the future can visit them to make sure that the donation are used properly. UMEX member who have opportunity to visit Indonesia also can visit them some day in the future. On behalf of those Indonesian students who are in victim area and UGM Jogjakarta students, I again would like to convey great gratitude to All UMEX members, IUJ students and Japanese donators and all related parties.
私たちは、被災者たちは義援金をお寄せくださった方々のことをいつまでも忘れないと思います。なぜなら、私たちは、夢っくすの代理でもあるガジャマダ大学の学生たちと被災者との強い関係を築くために小さな図書館を開設するからです。近い将来、そこを訪問することによって、義援金が子どもたちのために有効に使われたことを確認することができるでしょう。いつの日かインドネシアを訪問する夢っくす会員の方々も、図書館を訪問することができます。 被災地の子どもたちとガジャマダ大学の学生たちを代表して、私はもう一度、すべての夢っくす会員の皆さま、すべての寄付者、すべての関係者の皆さまにお礼を申し上げます。

If you need more detail information about donation allocation, let me know. Then I will send it to you in next e-mail. I hope we can keep in touch therefore when we have time in the future we can meet again each other.
もし、義援金の使途に関するより詳しい情報が必要な場合は、お知らせください。いつか再びまたお目にかかれるよう、これからも連絡を取り合いましょう。 義援金を受け取った学校のリストは下記のとおりです。

Here are the data of schools who received the donation:

文房具セットを送った学校・幼稚園,児童・生徒数,電話番号・担当者名リスト
School Name Students Contact Person
SumberMulyo Elementary School 138 +6281227887907 (Mr. Jumiran)
Mulyodadi Elementary School 87 +622747132029 (Mr. Ranto)
Ngoto Elementary School 237 +622747490012 (Mr. Budi)
Gandok Elementary School 140 +628121583917 (Mrs. Sri)
Gadungan Kidul Elementary School 120 +628179433976 (Mr. Pardi)
Bendosari Elementary School 60 +628179434240 (Mrs. Sri Murtini)
Nurul Huda Kindergaten 35 +6281227887907 (Mr. Jumiran)
Sumbermulyo Kindergaten 47 +62811252710 (Mr. Choiru)
BAIK Kindergaten 87 +6281392107941 (Mr. Setyo)

Best regard,
Syaefatul Dellifah (Exchange Student in spring term 2006)

サヤファトゥル・デリファ (2006年春学期・交換留学生)


ミニ・コンサート&ジャワ地震の現地報告会を開催

支援の輪を広げると共に、より多くの方々に現地の状況をお知らせしようと、コンサートを企画しました。IUJコーラスグループによる合唱、松本珠代さんのピアノ演奏(E.Granadosの「Orientak」、バッハの「主よ人の望みよ喜びよ Jesus bleibet meine Freude」、高波礼子さんのソロ「アメージング・グレイス」、インドネシアの学生たちと一緒に踊るコーナーもある楽しい会です。お誘い合わせの上お越しください。

日時:2006年6月16日(金) 19:00〜20:30
会場:国際大学MLICホール


「ミニ・コンサート&現地報告会」 左ポスターを印刷して配布・掲示にご協力ください。


第1期募金受付締め切り:2006年6月25日

 「私は、ジョグジャカルタにあるガジャマダ大学から交換留学生として国際大学に来たDellifah(デリファ)と申します。6月27日に帰国しますので、6月25日までにお寄せいただいた義援金は、私が責任をもって現地に届け、地震により校舎が倒壊した大学近くの小学校の再建に役立てます。国際大学には、私の他にもインドネシアからの留学生がいますので、6月25日以降にお寄せいただいた義援金も、確実に被災地の子どもたちの支援に役立てることができます。魚沼の皆さま、よろしくお願いいたします。」


「ジャワ中部地震被災者のための義援金の呼びかけポスター」 (2006年6月)

| ジャワ地震被災者支援 | つなみ被災者支援 | トヨタ・プロジェクト | 夢っくすサロン |
| 国際大学の国際交流情報 | 国際交流 | 出入国・在留手続の基礎 |

UMEX うおぬま国際交流協会
夢っくすサロン(国際大学第3学生寮1階)  [地図]
(土曜:13:00〜15:00)
事務局:〒949-6609 新潟県南魚沼市八幡35-7

TEL: 025-779-1520
FAX: 025-779-1520
E-Mail: office@umex.ne.jp