spacer
UMEX
うおぬま国際交流協会
Top
About UMEX
Join UMEX
News
Events
Multicultural Exchange
BBS
Activity Reports
Links
Contact Us
English Site
spacer Uonuma Association for Multicultural Exchange

| 活動紹介 | 外国語プログラム | 日本語プログラム | ホームステイ・プログラム | 研修プログラム |
| 夢っくすニュース | 夢っくす掲載記事 |

外国人住民と地域活動―多文化社会の可能性を探る
参加レポート

大平(オオヒラ)悦子
2003年2月1日に文京区が主催した「外国人住民と地域活動」と題するシンポジウムに参加しました。今回のシンポジウムで何人かのお話を聴いて、共通していた点でもあり、印象に残ったことでもあるのは、ある区域の中に住んでいる人は、日本人、外国人といった線引きをする以前に、等しく地域住民であるという認識です。

ただ「文化の違い」があるのは当然のことです。日本人の間ですら、好んで聴く音楽や食べ物の嗜好をはじめ、考え方も多様化している時代です。だから、個人個人の文化は最大限尊重する。しかし、必要に応じて率直に議論もするという姿勢が大切です。そのように同じ地域住民としての外国人と接することにより、日本を見直すよい機会になると思います。

また、外国人住民は、必ずしもいつも誰かに助けられる存在であるというのも、おかしな思い込みだということに気づきました。外国人住民にも持っている能力を発揮し、活躍できる場が必要だということです。

私たち夢っくすは、幸いにも、優れた能力を持ち、50カ国を超える国々から毎年100名以上の留学生がやってくる国際大学との結びつきが中心となっています。彼らも地域住民の一員として、もっと地域活動に参加する機会があっていいのです。現在企画中の4月12日に開催されるインドネシア人留学生達による母国紹介「ガルーダ・プロジェクト」が、その手始めになることと思います。

最後に、夢っくすでも新しく外国人と夢っくす会員が一対一で日本語で交流するチューター・プログラムが動き出しましたが、東京大学留学生センターで1997年から実施されているFACEプログラムが、まさに、夢っくすでもこんなふうに進めていきたいと思っている形で、大変参考になりました。FACEプログラムのガイドブックを是非夢っくす会員の皆さんにも目を通して頂きたいと思います。

| 活動紹介 | 外国語プログラム | 日本語プログラム | ホームステイ・プログラム | 研修プログラム |
| 夢っくすニュース | 夢っくす掲載記事 |

UMEX うおぬま国際交流協会
夢っくすサロン(国際大学第3学生寮1階)  [地図]
(土曜:13:00〜15:00)
事務局:〒949-6609 新潟県南魚沼市八幡35-7

TEL: 025-779-1520
FAX: 025-779-1520
E-Mail: office@umex.ne.jp