spacer
UMEX
うおぬま国際交流協会
Top
About UMEX
Join UMEX
News
Events
Multicultural Exchange
BBS
Activity Reports
Links
Contact Us
English Site
spacer Uonuma Association for Multicultural Exchange

| 活動紹介 | 外国語プログラム | 日本語プログラム | ホームステイ・プログラム | 研修プログラム |
| 夢っくすニュース | 夢っくす掲載記事 |

留学生の視点から見た雪文化

雪文化ネットワーク(十日町博物館・トミオカホワイト美術館・鈴木牧之記念館)から、留学生の視点から見た雪文化について、意見の取りまとめて欲しいとの依頼を受け、2004年5月8日に3館を訪問し、報告書を取りまとめ、5月21日に六日町城内開発センターで開催された「平成16年度雪文化3館提携連絡会議」で発表しました。
雪文化プロジェクト・チーム
 須藤 謙(国際大学国際経営学研究科1年)
 増島雄樹(国際大学国際関係学研究科2年)
 岡野俊介(国際大学国際関係学研究科1年)
 Jorge Primavera (フィリピン・国際大学国際関係学研究科1年)
 Mihai Isacovici (ルーマニア・国際大学国際関係学研究科1年)
 Anton Kim (ウズベキスタン・国際大学国際関係学研究科1年)
 Paula Teixidor (スペイン・国際大学国際経営学研究科交換留学生)
 大平悦子(うおぬま国際交流協会)
 武田里子(うおぬま国際交流協会)




1. Impressions of the three museums 博物館、記念館、美術館の印象
(1)Tokamachi City Museum 十日町市博物館
The Tokamachi City Museum successfully and effectively incorporates events in Tokamachi's history which have shaped and influenced the culture and way of life of its people. Three main factors that had and continues to have an important impact on Tokamachi culture are appropriately highlighted: heavy snowfall during winter from which a totally unique and distinct way of life developed; the weaving industry, whose development may partly be attributed to long winters with continuous snowfall; and the Shinano River, which made agriculture and fishing possible, allowing people to develop a way of life which is highly dependent on it.
十日町市博物館は、文化と人々の生活によって形作られた十日町の歴史をたくみに盛り込みながらイベントが企画されています。十日町の文化に大きな影響を与えている要素は三つ、冬の間に積もる雪、織物業、そして信濃川です。大量の積雪は土地の生活をユニークなものとし、織物業はその積雪から発展し、信濃川は土地の農業と漁業を豊かなものにしています。

The collections of the museum are quite extensive and include artifacts and specimens dating back to as far as the primitive times. It is very interesting to see the expositions and the scenes in real size because it gives one a quick and real idea about how life in those times was like.
博物館のコレクションは非常に幅広く、古いものでは原始時代の所蔵品もそろえられています。展示品やその時代の風景をそのまま目にすることにより、当時の生活をじかに感じることができるため、非常に面白いものだと感じられました。

By putting emphasis on snow, its textile weaving industry, and the Shinano River, the Tokamachi City Museum successfully presents to the visitor, a glimpse of Tokamachi's colorful and very unique culture and way of life. Lastly, showcasing these three very interesting things all in one place Tokamachi Town Museum makes a good investment for the tourist.
雪、織物業、信濃川に焦点を当てることにより、彩り豊かでユニークな十日町の文化と生活を描き出しており、十日町市博物館は非常にユニークな視点を与えてくれています。これらの展示品を一箇所に展示することは観光業にとっても非常に効率的な投資だと考えられます。
(2)Suzuki Bokushi Memorial Hall 鈴木牧之記念館
The fact that a memorial hall was built in his honor emphasizes the significant contribution of Suzuki Bokushi's works to the development of literature about life in snowy areas like around Shiozawa in particular, and in Japan in general almost 300 years ago. The exhibits of his literary and artistic works show how talented and keen an observer Suzuki Bokushi was. More interesting than the items exposed in this museum are the stories in his book, "Snow Country Tales," describing the way of life in snow country. His efforts at having these stories published are really impressive, not giving up even if it took 40 years before a publisher finally agreed to do so.
鈴木牧之記念館は、塩沢町をはじめ、日本中にある雪の多い地域の生活を300年も前に描いた鈴木牧之の作品に大きな重点をおいて展示しています。ここに展示されている品々は、鈴木牧之がどれほどの才能と情熱を持って著作に取り組んでいたかをよくあらわしています。特に興味深いのは、雪国の生活を描いた北越雪譜でしょう。みずからの作品を発表しようと、40年間もあきらめずに出版社に働きかけた彼の努力は驚きに値します。

The hall itself is really impressive. The wooden structure makes use of natural light more than any other wooden building we have been to so far. The strong points of the museum (aside from its collections) are the sense of space and light that one observes which relaxes the eyes and leaves the heart and mind peacefully enjoying the beauty of the museum.
記念館の建物自体も非常に印象に残るつくりになっています。自然光を取り入れているつくりは、今まで見たどの木造建築よりも巧妙な構造になっているものです。この記念館は、所蔵している作品だけでなく、その建築構造によって、訪れる人の目に安らぎを与え、心に安心感をもたらしてくれていると感じました。

The chemistry class that some of the staff were giving to a group of kids that we witnessed, was really interesting and a good idea to attract Japanese visitors and schools. This is one good way of acquainting kids to museums at such n early age. However, some tourists may not find this very interesting.
記念館の職員が子供たちに、化学実験のクラスを提供している光景を見かけましたが、これは学校の生徒などを呼び寄せるのに非常にいいアイディアであり、小さいうちから美術館や博物館に触れるいいきっかけになると感じました。しかし、観光客にとっては必ずしも面白いものではないといえるかもしれません。
(3)Tomioka White Art Museum トミオカホワイト美術館
This art museum is more like an art gallery than a museum. The only thing different is that the works on display are permanently those of Mr. Soichiro Tomioka. His distinctive style and choice of colors truly sets him apart as an artist. Featuring his works in this museum is an apt way of honoring him. Surely, his choice of colors and medium was greatly influenced by his hometown, Takada, presently known as Joetsu City. His creation of a special kind of white paint whose quality does not deteriorate over time is truly remarkable.
トミオカホワイトは美術館というよりは、アートギャラリーに近い印象を感じました。ひとつ違う点は、富岡惣一郎の作品のみを展示しているところでしょう。彼の独特なスタイルと色使いは、他のアーティストと大きく異なっており、彼の作品をこのようにして展示していることは、彼に敬意を示す上でふさわしい試みでしょう。彼の色使いと、選んだ対象物は、故郷である高田町、現在では上越市となっている町から大きな影響を受けているものです。彼の絵に見られる白の色は、独創的といってよく、時間を経てもその色が衰えない点は驚きに値します。

The explanation by the staff gave us a very good idea of how Mr. Tomioka created his paintings.
館員の方がしてくださった説明により、富岡氏の著作についてよく理解ができました。

The atmosphere that dominates the building is really very enjoyable. The large exhibition hall, with plenty of light and nice music, complements the beautiful black and white paintings of Mr. Tomioka.
美術館全体にも非常に楽しみやすい雰囲気が広がっていました。富岡氏の描いた白と黒の世界と調和するようにして、展示ホールにはたくさんの光と心地よい音楽が流れています。

The museum itself is an architectural achievement. It is like a white shell in the middle of rice paddies. The coffee shop with its majestic view of Hakkai-san will truly make an impression among its visitors. It is a very nice place to sit down, relax and have a good chat.
美術館の建築自体も、田園の真ん中に置かれた白い貝殻のようにすばらしい光景をかもし出しています。館内のコーヒーショップから八海山の雄大な風景を楽しむことができ、来館者に強烈な印象を残すことができるだけでなく、そこに座って、リラックスしながら会話を楽しむ場所としても最適でしょう。

It is a very good idea to attract more visitors through organizing other cultural activities, like concerts. コンサートを開くなど、文化活動を通じて来館者を増やすというのもいい考えなのではないかと感じます。

2. Specific Suggestions for Each Museum 各美術館への提案
(1) Tokamachi Town Museum 十日町市博物館:
○ A quick renovation of the building as well as of the concept driving the museums.
博物館の簡易改修およびコンセプトの見直し

○ Add more dynamism to the collection in order to eliminate the sense of stillness and dimness the representations may give to the museums. For such endeavour, light, music and glass panels will work. Also, allow the visitor to use a textile machine or one of the tools to fish salmons in the Shinano river.
博物館には静寂と暗さが広がっているが、もっと躍動感を与えるといい。たとえば光、音楽、透明なガラスのパネルなど。ほかにも、来館者が織物機を実際に使えるようにするとか、信濃川の鮭を釣るのに使われる道具に触れられるようにするなど。

○ Use existing monitors to explain what museum cannot exhibit, but which is essential in making the picture complete. For example: a popular, scientific explanation of snow formation.
現在あるモニターなどを使って、展示品からだけでは分からない説明を補足するなど。こうすることにより、来館者が理解するために欠けている情報を補うことができる。たとえば、雪がどのようにして形成されるのかを科学的に説明するなど。

○ Provide English language information cards for the displays. Without any descriptions available to foreign tourists, they will be left to just guessing what the use and importance of an exhibit is. Also, incorporate English-speaking staff or volunteers to explain the different expositions to foreigner visitors, for free.
展示品の英語による説明。英語による説明がないと、外国人観光客にはなぜ展示されているのか、その理由や重要性などが理解できない。英語を話せる職員やボランティアなどを配置し、外国人観光客に対してガイドを提供するなど。

○ Exhibit more of clothing of the people of the past; Ordering the displays in a stricter chronological order.
昔の人の服装の展示を増やす。展示品をきちっと時系列に並べる。

○ Highlight the main attractions of the museums - like the Sasayama Site excavations items, snow artefacts, the big boat that once was floating on Shinano river, the big sewing machines and small textile artefacts (I remember the handkerchief on which 1000 people sew in order to give their blessings to the one going to fight the war) and many others.
どこが博物館のメインの展示品なのかをわかるようにする。笹山で発掘されたものなのか、雪に関する展示なのか、信濃川で実際に使われていた渡し舟なのか、織物機なのか、(戦争に出征する青年のために1000人が手を加えたハンカチなど)はっきりさせる。

○ Support demonstration activities of old craftsmanship (kind of workshops for local people, students and foreign visitors).
職人の方が実際に作っている姿を見せるデモンストレーション。

○ Organise activities related to its featured artefacts (during the winter, maybe it can build those 4m high snow walls between narrow paths, or in the summer, it can simulate an archaeological site in which students can pretend to be archaeologists, and if they discover something they may keep that item - of course, a duplicate of one of museums items).
展示品の説明を補足する取り組み。(雪の降っている冬の間には、道の脇に4メートルほどの壁を作るなど。夏の間は、考古学者のようにして、学生が発掘場所に入っていくようなシミュレーション。展示品の模造品をそこに埋めておいて、発掘できたらもって帰れるようにするといい。)
(2) Bokushi Suzuki Memorial Hall 鈴木牧之記念館
○ Introduce more relevant displays in the museum and order the displays in a harmonized way.
記念館に適した展示品を紹介し、もっと記念館全体がまとまった雰囲気を与えるような形で並べる。

○ Incorporate more audio-visuals, scenes and inter-active activities, for example, performances of some of the tales.
来館者が実際に視聴したり、参加できるイベントを開く。物語の劇を披露するなど。

○ Activate and make accessible existing Q&A electronic system (it didn't work when we were there).
現在来館者の質問に答えるための機械が置かれているが、実際には動かなかったので、きちんと使えるようにしてほしい。

○ The exhibits don't have a lot of descriptions in English though, so unless a tourist knows Nihon-go very well, or is accompanied by an interpreter, the items won't be fully appreciated. Also, incorporate English-speaking staff or volunteers to explain the different expositions to foreigner visitors, for free.
英語による説明があまりなかったので、日本語が流暢だったり、通訳者を連れていない限り、観光客は展示品をきちんと理解できないだろう。英語を話せる職員やボランティアを配置し、外国人観光客に無料で展示品の説明を提供する。

○ Organise more events involving local people and tourists (I really appreciated the presentation made to elementary school children by a group of students and their professor from Niigata University while we were visiting the museums - good idea to involve children in the mysteries of snow, water and cold).
地元の人や観光客が参加できるイベントをもっと企画してほしい。新潟大学の教授や学生が小学生に対して行っていたプレゼンテーションは非常によかった。雪の不思議を子供たちに実際に示すことができていた。

○ Promote the culture incorporated in Bokushi's work - textiles, amusement, legends, folklore.
織物業、土地に残る昔話など、鈴木牧之の作品に取り入れられた文化の紹介。
(3) Tomioka White Art Museum トミオカホワイト美術館
This museum is the most specialized one the smallest one. It should appeal to people with interest and understanding of paint art and it definitely needs to be extended.
三つの美術館の中でも、ひとつの対象物に焦点を当てている、もっとも小さな美術館。絵に対して興味と理解をもつ人々にとって、非常に面白いものだと考えられるので、もっとスペースを有効に利用するべき。

○ One of the ways to perform extensions is to place photos of the natural phenomena he painted so a visitor would be able to compare the real photo and the unique view of the author about the place.
空いているスペースを有効に利用して、彼が描いた自然現象の写真を配置するといい。これにより、来館者は実際の写真と、富岡氏の目を通して見えるユニークな風景を比べて見ることができる。

○ There is a strong interest to see not only the paintings but also the objects used by the painter in his everyday life that would tell me more about the painter's life beyond his work. Therefore, incorporate audio-visuals and inter-active activities, for example, allowing the visitors to paint something with white colour on the way Soichiro Tomioka used to do.
単に絵ばかりを並べるのではなく、作者が生活で実際に使っていたものを展示することで、作品ばかりでなく、作者の生活と実像についてもっと理解ができるようになるだろう。そのためにも、視聴できる資料や、参加型のイベントが必要。例えば、白い絵の具を配置し、来館者が富岡惣一郎と同じように絵をかけるようにアレンジするなど。

○ Paintings should be orders in thematic or chronological order. 展示されている絵はテーマや時系列で並べるべき。

○ The museum itself is an architectural achievement. It is like a white shell in the middle of rice paddies. The coffee shop with its magnificent view of Hakkai-san will truly make an impression among its visitors. Put it in value!!!
美術館の建物自体が完成されたもので、田んぼの真ん中にある白い貝殻のようにも見える。コーヒーショップから見える八海山の風景は来館者に強烈な印象を残すので、これを有効に商業利用するべき。

○ The Hall can be the host of local / prefecture / national contests, conferences or concerts.
ホールで国や県、地元のコンクールや会議、コンサートにも使えるだろう。

○ The mini Kissaten in the lobby of the museum can improve its menu and transform its view on the mountain in another trademark
ロビーの喫茶店のメニューはもう少し品数を増やすべき。喫茶店から見える山の風景をウリにするべき。

○ Organize painting camps for interested people (students as well) during the winter (and summer, during the holiday period). On these occasions, they can familiarize with Tomioka's technique, and maybe, one of the participants will unveil the secret of his pure white.
冬休み、夏休み、行楽シーズンに絵画に興味のある人や生徒を集め、絵画学校を開き、富岡氏の使った絵画技術を学んだり、絵に見られる白色の秘密を探るという試みを設けるべき。

○ Incorporate explanations and a brochure in English. Also, involve English-speaking staff or volunteers to explain the different expositions to foreigner visitors, for free.
英語の説明を掲示したり、パンフレットを作成するべき。また、外国人観光客に対し、英語を話せる職員やボランティアが無料で説明をするという工夫をするべき。

3. General Suggestions 全体に関する提言
(1) Advertisement  美術館の宣伝について
Museums are located in the area that is far away from usual tourist itineraries and therefore need to advertise heavily in order to attract tourist to the area. Creation of a Multilanguage web-site that is highly searchable in major search engines like goggle, yahoo, MSN with distinct for Niigata prefecture and museums in particular key words would be of great help. The contents of the website should include a good description of all of the 3 museums, provide virtual samples of the displays, and thoroughly explain various ways how to get to the museums and a brief description of other external attractions that may attract the tourists. For example, the web-site may briefly describe other temples, shrines, castles, and events in the area that may attract the tourists. The museums should make use of any positive externality that would convince people to come and visit them.
どの美術館も、通常の観光客が訪れるような場所からは離れたところに位置しているため、もし観光客を呼び寄せたいのなら、普通以上の宣伝活動をする必要があると思われます。日本語だけでなく英語で対応したホームページを立ち上げ、Google, Yahoo, MSNなど、主なサーチエンジンであればどれを使っても簡単に見つかるようにしておく。特に「新潟県」とか「博物館」とかのキーワードを打ち込めばすぐに見つかるようにしておけば、相当の効果が見込めるでしょう。ホームページ上では、この三つの美術館すべてについての簡単な説明を載せるだけでなく、実際の展示品のサンプルなども見れるようにしておくといいでしょう。また、美術館への行き方もいくつか載せておき、観光客が興味を持つ情報を載せておくといいでしょう。たとえば、お寺や神社、お城など、また地域で開催されているイベントなど、観光客が興味を持ちやすい情報を載せれば大きな効果が望めると思います。

Brochures with accompanying maps should be made available in the major cities in Niigata such as Niigata City, Nagaoka, Joetsu, as well as ryokans, hotels and universities, where tourists are most likely to pass by.
地図を載せたパンフレットを新潟市、長岡、上越などの主要都市に配り、旅館、ホテル、大学など観光客が訪れやすい場所に配置しておくといいでしょう。

Museums can attract group visits from local schools and universities with the help of presentations and school administration arrangements. Museums can be advertised among IUJ students .
また、地域の学校や大学などは、学校の事務室などの協力があれば、大量の来館者を一気に呼び寄せることができるでしょう。とくに国際大学ではおおきな効果が見込めます。

(2) Transportation 交通手段
The museums are tolerably distant, but still distant from each other. For those who come as tourists, public and frequent transportation is essential. However, provided that marginal cost of such a setup will be extremely high and most likely not profitable, I suggest to make museums a part of a bigger package that includes other places (such as Aizu-Wakamatsu) and involves intensive sightseeing.
美術館はどれもそれほど遠いとはいえませんが、それぞれの間の距離は非常に遠くなっています。観光客が来館しやすいようにするには、間を走る交通機関を整えることが不可欠だと考えられます。しかし、実際にその運営を立ち上げるためのコストは非常に大きく、このサービス自体からの利益も大して見込めないので、観光に重点を置いたパックツアーの一部として取り込み、(会津若松など)そのほかの観光地にいく旅行と抱き合わせるといいのではないかと思います。

If possible, proportionate transport between the main train station and the three museums to foreign visitors included in the price of the ticket for the three museums.
海外からの観光客に対しては、主要駅から美術館まで行くための交通手段にかかる費用を、チケットの値段に含めてしまうという手段も考えられるのではないでしょうか。

Since transportation is not readily available to people wanting to go to these museums, the network administering these three museums should make available an online tour booking service to make it convenient for tourists to go to these three museums all in the same day.
美術館に行きたい人に対して交通手段が常に提供されているわけではないので、これら三つの美術館の間の交通手段をホームページから予約できるようにして、一日で三つの美術館を回れるようにしてはどうでしょうか。

There could be organized one-day package for tourists, including transportation and lunch, for groups of more than 4 persons. Also, the package can be promoted with the help of an Internet site or in international universities (in IUJ, UMEX can organize such a trip - of course, discounts for students will help increase the demand for the tourist package).
昼食、交通手段を含めた一日のパッケージツアーを、4人以上と限定する形で組むと面白いかもしれません。こういったパッケージツアーをホームページや、海外からの訪問者が多い大学などで宣伝するといいでしょう。国際大学では、UMEXがこのようなものを企画することができますが、学生に対しては割引などをしていただけると、需要も増大するだろうと思います。

(3) English Language 英語に関する提言
It is essential for foreign tourists to make sense from what they see in the museums. Each display in all museums should be provided with an information card that would brief English speaking tourists as to the nature of the artifact and story behind it. Cohesive explanation would extremely facilitate and add more pleasure to tourist experience and reduce a need for an English speaking guide to a minimum. Card making is one-time, low cost act that would bring many benefits to the museums.
外国人の観光客が美術館を訪れるとき、見ても意味がわからないことが多々あります。展示品がどのようなものなのか、どのような経緯で作られたのかを理解するためには、英語で説明をする情報板のようなものがあるといいのではないでしょうか。一貫した説明があれば、観光客であっても美術館を楽しむことができ、英語を話すガイドを見つける必要もなくなって助かります。情報カードを作ることが必要なのは一度だけですから、コストもかからず、長期的に利益を享受することができるでしょう。

Hiring an extra guide with English language abilities is not cost effective. However, I would suggest (during the next hiring session) hire a regular guide with an ability to speak English. Of course, if budget is big enough hiring an English speaking guide is a big advantage. English speaking volunteers would be of great help.
通常のスタッフに加えて、英語を話せるガイドを雇うことは、コストの面から考えても効率的ではありませんが、来年の就職シーズンの際にでも、常駐スタッフの一人として英語を話せる職員を雇うことを提言します。

Brochures in English would be of great help for tourists so the museums may want to print those.
英語によるパンフレットを準備しておくことは、観光客にとってとても助かるので、いくつか発行しておくがいいでしょう。

(4) Interactivity 参加型イベント
Things a best perceived and learned through interaction. Therefore we offer a suggestion to incorporate audio-visuals and inter-active activities, for example, allowing the visitors to paint something with white color on the way Soichiro Tomioka in Tomioka White Art Museum, performances of some of the tales in Bokushi Suzuki Memorial, or allowing the visitor to use a textile machine or to use one of the tools to fish salmons in the Shinano river in Tokamachi Town Museum.
物事は、実際に自分の目で見て体験することによって、さらに理解が高まることがあります。ですので、オーディオビジュアルやインターアクティブなイベントなどを活用することがいいのではないでしょうか。たとえば、富岡惣一郎は自身の絵に白を多用してきましたが、トミオカ美術館で来館者にも同じ色を使う体験をさせるとか、鈴木牧之記念館であれば故人の物語の劇を上演するとか、十日町市博物館であれば信濃川の鮭つりに使われている道具や、織物機の使用を体験させることなどが考えられます。

(5) Expositions Overlapping 展示品の重複
The three museums should decide what to expose together. Nowadays, Tokamachi Town Museum and Bokushi Suzuki Memorial Hall expositions are overlapping each other. As the three museums are offering a ticket together, the contents should not be repeated.
三つの美術館は、特に十日町博物館と鈴木牧之記念館では展示品が重なっていることも多いため、それぞれが重複しないように、展示するものを協議して決定するべきだと思います。

| 活動紹介 | 外国語プログラム | 日本語プログラム | ホームステイ・プログラム | 研修プログラム |
| 夢っくすニュース | 夢っくす掲載記事 |

UMEX うおぬま国際交流協会
夢っくすサロン(国際大学第3学生寮1階)  [地図]
(土曜:13:00〜15:00)
事務局:〒949-6609 新潟県南魚沼市八幡35-7

TEL: 025-779-1520
FAX: 025-779-1520
E-Mail: office@umex.ne.jp